カードローンは返せる範囲内で利用しましょう

カードローンは返せる範囲内で利用しましょう

カードローンは各社が提供しており、急でお金が入用な時に非常に便利な仕組みです。私も過去、カードローンを利用していました。手軽さもあり、複数のカードを所持していたため、複数のカードローンを同時に組んでいました。ですが、ある時、自分の返せる範疇の金額を借りてしまっていることに気づいたのです。

 

毎月の自分の収入から家賃や生活費を差し引いた金額で返済をしていたのですが、徐々に返済が追い付かなくなってきてしまいました。結局のところ、金利が高めに設定されていますので、返している金利が多すぎて元金は徐々にしか返済されない仕組みになっています。その為、毎月返済してもなかなか元金が減らないのです。

 

このままではいけないと感じ、親族に相談した結果、すべての金額を立て替えてもらえることになりました。社会人になってから親族に迷惑をかけることになってしまったことは本当に後悔しています。その後は高額なローンを組むことができるカードは解約し、限度額を低めにしたカードのみ所持するように気を付けています。

 

所持枚数も1枚のみです。1枚のみの限度額であれば使いすぎてしまうことも無いですし、自分で責任もって返済していくことが可能だからです。

申し込み額よりも下がりましたがカードローン審査に通過出来ました

月末になると生活費が足りなくなる時があるなどの理由から、カードローンの申し込みを行ったのがきっかけです。いざと言う時のために用意しておいても良いだろうなど、他の人からは安易な考えなどと言われるかもしれませんが、備えあれば憂いなしなどのように備えておくつもりで申し込みをしました。

 

カードローンの金利を比較した所、銀行の方が消費者金融よりも低い、しかも銀行のカードローンの中にはアルバイトやパートをしている人も申し込めるケースがあるので、柔軟な審査をして貰えるかもしれないと感じました。

 

自分が利用した消費者金融はテレビの宣伝などでもお馴染みの会社、知名度があるので安心して利用出来ると思いました。サイトの中で利用方法を確認している時に、総量規制と言う言葉が目に入ったのです。申し込みが出来る金額は年収の3分の1未満までと言う事を知りました。

 

また、申し込み額が50万円を超える場合には源泉徴収票が必要になる事も知り、家の中から昨年度の源泉徴収票を探して申し込みをしたのです。実際申し込みをした時の金額よりも融資額は少なくなりましたが、月末ピンチになった時などコンビニのATMなどを利用してお金を借りる事が出来る安心感があり満足しています。

カードローンで金欠を解消しました

金欠に困っているときはカードローンが重宝してくれます。20代のころはローンとは無縁でしたが、30代になって初めて利用することになります。クルマが故障してしまい、仕事を失職したタイミングとも重なって、カードローンで30万円の借入をしたのです。返済は月に1回でOKで、繰り上げ返済ができるのがメリットでした。

 

カード1枚でいつでも繰り上げ返済ができるので、非常に便利なローンだと感じましたね。もともと浪費をする性格ではないので、完済まで時間はかかりませんでした。7ヵ月で30万円を完済し、その後は借入をしていません。カードローンは借入した分に対して利息が発生するので、借入ゼロだと利息もゼロなのです。

 

現在は利用する予定はありませんが、万が一に備えてローンは解約しないでおきます。一度解約すると再び利用するとき、再審査を受ける必要があるそうです。前回は問題なく審査に通過できましたが、次回も通過するとは限りませんから、解約せずに残しておきたいと考えています。

 

カードローンは借入手数料は発生しないので、1万円などの少額を短期借入するなら、休日に口座から引き出すよりお得になるようです。今後、休日出金が必要な状況になったらカードローンから借入するかもしれません。

参考サイト

  • 専業主婦が借入した体験談

    収入がない専業主婦でもお金を借りる方法、カードローンの申し込みから審査、返済まで。

  •  

  • おすすめ消費者金融

    お金を借り入れることのできる消費者金融ですが、数が多くて何を選べばいいのか悩む方は多いです。
    おすすめとされるポイントをおさえて、賢く便利に使える消費者金融を選びしょう。