審査にかける時間も大切なカードローン

審査にかける時間も大切なカードローン

審査に通過できたカードローンとそのポイント(男性20代)

私が家具を購入しようと思った時に活用したカードローンでは、審査はそこまで厳しくはありませんでした。若かったということもあり、信用情報に傷もなく収入も問題なかったため、スムーズに借り入れができました。審査に問われたのは収入と他行の借入、そのほか個人情報や職場の情報でした。

 

入力自体はそこまで大変でもなく、審査にも厳しいところがあまりなかったので私にとっては緊張しましたが、また一つ大人として成長できたようにも思えました。カードローンは銀行のものを利用し、利用限度額も30万円ほどのサービスを頼ることにしました。そのおかげかかなり余裕をもってお金を使えるようになりましたが、借りすぎは危険だと聞いていたので満額近くは借りないようにし、借りたら早めに完済するという借り方を繰り返しました。

 

審査では利用目的も問われましたが、投資で使わなければよいということだったので使い道自由というのもかなりありがたいサービスです。旅行やお買い物、お金が1万円だけ足りないときの家賃の支払いの際にも借り入れさせていただき、生活を支えるサービスとしてかなり便利に活用できています。カードローンはカードさえ持っていれば契約期間中はずっと借り入れができるサービスなので、キャッシングに比べると非常に便利です。これからももし出費が重なるようなことがあれば気を付けて借り入れできるようにしていければと思います。

 

時間がかかりやすいカードローン

厳しい分、借入額も大きくなる

カードローンは一般的な借金の中堅のような存在です。キャッシングほど緩くはなく、事業融資ほど厳しくはないため、ある程度収入がある方にとっては特に便利なサービスです。年収が300万円以上ある方には基本的に利用できるサービスで、様々な自由度の高いサービスです。

 

借入限度額が50万円以上のものもあり、審査は多少厳しいですが、100万円を超えないサービスであれば収入証明書がなくてもよいので申し込みも比較的楽にできます。カードローンは銀行からも消費者金融からも同じように提供されていて、どちらも金利設定にはあまり差がないので上手に活用していきましょう。家から近い利用しやすいサービスを利用すればそれが一番でしょう。

 

審査は落ち着いて待つこと

カードローンの審査は基本的に2日から1週間ほどかかります。中には即日融資してくれるサービスもありますが、かなり特異な例なので銀行から提供されているサービスを利用する場合には、時間がかかることを前提に申し込んでおきましょう。

 

消費者金融のカードローンは即日融資可能なものもあるようですが、じっくりと検討する時間がない場合には負担も増えてしまうので注意が必要です。十分に金利計算や契約内容が確認できることも大切なので、あまりあ焦らずに落ち着いて冷静に待ちましょう。審査結果が出ればメールや郵便で通知が来るので、ローンカードが届いてから借り入れしても遅くなることはないはずです。

 

時間を急いでいる場合にはキャッシングを利用したほうがより安全です。

 

1週間から2週間は時間を確保しよう

キャッシングとカードローンは同じようなサービスですが、審査レベルの違いや借入限度額の差があり、安心感にも大きな差が出ます。カードローンはその利用限度額内であれば何度でも借入返済が繰り返せるので、まるで自分の口座のように活用することもできます。

 

もちろん借金なので無計画な利用はだめですが、キャッシングに比べると審査の回数は少なくて済むので非常に安心です。キャッシングに比べると審査時間は最長で2週間かかるようですが、近年はかなり早くなり短縮されているので、工夫して活用していきましょう。